環境・ECO・品質管理
「ISO9001」とは、 品質マネジメントシステムの要求事項を規定した国際規格です。
2005年1月に本社、多摩センター、上田センター、犬山センターにて認証を取得し、その後、埼玉センター、習志野センター、松本センター、東御センターと認証範囲を拡大し現在に至りました。
リーマンショック以降、経営に与える影響は大きく変化しています。これら刻々と変化する国内外の情勢に対応すべく、弊社における課題に対し目標を設定し、その目標を達成するための活動を「ISO9001」の仕組みを通じて実行しています。そして、お客様に満足していただけるサービスの品質を維持、向上させるために、全従業員が一丸となって継続的改善活動に努めて参ります。

品質方針
ISO9001
交通エコロジー・モビリティ財団は、国土交通省、全日本トラック協会の協力のもと、トラック事業者が環境保全活動を自主的に進めていく為のマニュアルを作成し、「グリーン経営」の普及を推進しています。また、政府は地球温暖化対策推進本部において、「地球温暖化対策推進大綱」を決定し、その中で運送事業者の「グリーン経営」が温暖化対策のひとつとして位置付けられました。 当社は、環境保全を企業の社会的責任と捉え、事業活動における環境負荷の削減を図っていくことを目的として、認証取得を行いました。
グリーン経営
当社では「物流品質の向上」、「安全確保」そして「省エネ・温暖化対策」への取り組みを推進し、ドライバーの安全意識を向上させるため、保有する車輌にデジタルタコグラフ(矢崎製:DTG4、DTG7)とドライブレコーダー(矢崎製:YAZAC-eye2)を装着しています。

デジタコ・ドラレコ
デジタコ・ドラレコ
全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。
Gマーク
 

top